2019.10.3

「au PAY」が最大20%還元開始、セブン-イレブンでの利用で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

KDDI(株)は1日、全国約2万1000店のセブン-イレブンで、バーコードやQRコードを使ったスマホ決済サービス「au PAY」で買い物をすると、最大20%のau WALLETポイントを還元する『セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン』を開始した。

 

 

キャンペーンと通常還元を合わせて20%のポイント還元

 ポイント還元キャンペーンは14日まで。 「最大20%」の内訳は、同キャンペーンポイントで17.5%、au PAYベースポイントで0.5%、auスマートパスプレミアム会員(有料)増量ポイントで1.0%、キャンペーン期間中ポイントアップで1.0%。三太郎の日(3日、13日)には、auスマートパスプレミアム会員は三太郎の日特典の最大20%付与が優先される。

 

 さらに、セブン銀行ATMからau WALLET残高へのチャージで1万円相当をプレゼントする「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」も開催。チャージ1万円を1口とし、抽選で5000人に1万円相当のau WALLET 残高を進呈する。こちらは31日までで、ポイントは、どちらのキャンペーンも12月末までに付与される。

 

 2つのキャンペーンにより、セブン銀行ATMからau WALLET残高へチャージを行い、店頭でau PAYで決済することで、セブン-イレブンでの買い物がさらにお徳に利用できる、とPRしている。

 

auユーザー以外も「au PAY」が利用可能に

au PAYは、au WALLETアプリから簡単な操作ですぐに利用が可能。8月29日から、auに限らずスマートフォン・タブレットを所有するすべてのユーザーが利用できるスマホ決済サービスとして進化した。

 

 利用金額に応じて、200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%相当)が貯まる。さらに、auの利用者、auスマートパスプレミアム会員は200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%相当)のau WALLETポイントを還元する(通常時)。

 

 KDDIグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じてユーザーの日常生活における決済・金融サービスを、より身近にする「スマートマネー構想」を始動。「通信とライフデザインの融合」を志向し、キャッシュレス社会への変革を推進する一翼を担っている。

 

関連記事