2019.9.18

Amazon「Prime Now」、配送地域を東京10区に縮小

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は、「Amazon プライム」の会員特典として実施している短時間配送サービス「Prime Now」の対象エリアを大幅に縮小する。これまで東京23区や神奈川県、大阪府などの一部を対象エリアとしていたが、11月1日からは東京都内の10区(板橋、中野、北、豊島、文京、荒川、足立、新宿、練馬、杉並)を除き、すべて取りやめる。

都内10区を除くエリアで配送サービスが終了

 Prime Nowは「Amazonの商品を最短2時間でお届け」「専用アプリで使うプライム会員向けサービス」をうたう、モバイルに特化した一部エリア対象のサービス。縮小に伴う形で、指定配送時間がすでに変更になっているエリアもある。9月末までに関西圏、10月末までに東京都内の10区を除く関東エリアでのサービスが終了する。

 

 アマゾンは9月12日、大手スーパーの(株)ライフコーポレーションと提携したPrime Nowの販売サービスを始めたばかり。ライフの実店舗からスタッフが利用者に代わって商品を選び、Prime Nowの配送ネットワークを使って配送するシステムで、11月以降もサービスの対象となる10区のうちの7区をエリアとしている。

1 2

関連記事