2019.9.6

LOHACO Insight Dive始動、データマーケ支援へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は5日、新たなデータマーケティング支援サービス「LOHACO Insight Dive」(ロハコ インサイトダイブ)を開始したと発表した。LOHACO Insight Diveは、メーカー企業のデータとLOHACOのデータを連携して分析、実験、活用できるメーカー向けの支援サービスだ。 

LOHACO×メーカーの「共創」を進化へ

 同社は、2014年に「LOHACO EC マーケティングラボ」をスタートした。日本を代表するメーカーを中心とした企業とともに、LOHACOのビッグデータを活用した新たなECマーケティングの探求を進め、ラボ参加企業は現在、143社を数えている。

 

 メーカーはLOHACO Insight Diveで自社のデータを活用することで、顧客とのよりダイレクトなつながりを構築することが可能になる。同社は、LOHACOの独自価値ECとしての成長の源であるメーカーとの「共創」を進化させるため、メーカーとのリレーションをより強固にしていく方針を示し、LOHACO Insight Diveでメーカーのデジタルトランスフォーメーションを支援していく考えだ。

1 2

関連記事