2019.8.23

ラクマが7周年、ファッショントレンドに大きな変化も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は21日、サービス開始から7年を迎えたのを機に、年度別・都道府県別の売れ筋ブランドから見る「取引トレンドの変遷」をまとめた。取引を振り返ると、ファッショントレンドの変化が大きく影響しているのが顕著だという。

 

日本初のフリマアプリ誕生から7年

 不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことをめざしているラクマ。2012年に誕生した日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天の「旧ラクマ」が18年にサービス統合し、現在のラクマとなった。

 

 同年には、ラクマの売上金を「楽天キャッシュ」にチャージ可能となり、「楽天ペイ(アプリ)」を使ってコンビニなどでの買い物の決済でも使えるようになったほか、新潟市に初の地方拠点を開設。販売手数料の安さなどを強みに、19年7月には2000万ダウンロードを突破した。

 

サービス開始から7年間の「売れ筋ブランド」は?

 2012年は「INGNI」や「LOWRYS FARM」「dazzlin」など、若い女性の人気ブランドがっトップにランクイン。13年に初めて3位に入った「snidel」は、14~16年まで常に売れ筋1位に君臨し、ラクマユーザーに圧倒的な人気を誇ってきた。

1 2

関連記事