2019.8.21

ベル24、フラッグシップセンター始動…通販の課題解決法を集約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベルシステム24ホールディングスは20日、「ベル・フラッグシップセンター」の取り組みを開始したと発表した。自社のクライアント企業のうち、化粧品や健康食品、飲料・食料、日用品を扱う通販企業のコンタクトセンターを「フラッグシップセンター」と位置付け、相互に連携することで、業界の共通課題や解決手法を集約し、共同で解決する取り組みだという。

 

 

 

82年の創業以来、健康食品・化粧品など様々な通販企業と取り組み

 同社によると、通販業界は1982年の創業以来、最も深く取引してきた業界の一つで、さまざまな規模の事業者との業務に幅広いノウハウを蓄積している。ベル・フラッグシップセンターでは、こうした背景をベースに、クライアントとともに競合企業との差別化や独自サービスを開発していく取り組みを推し進める。

1 2

関連記事