20~60代女性、全世代で「食物繊維・乳酸菌」を意識して摂取

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングリサーチの(株)アスマークが9日発表した全国の20~60代女性を対象にした「食品・美容成分に関する調査」によると、意識して摂っている成分で多かったのは、どの年代も「食物繊維」と「乳酸菌」で、年齢が高くなるほど増える傾向が目立つことがわかった。テレビや口コミなどを情報源に、効果を期待して摂取している例もみられた。

 

 

 同調査は5月下旬の3日間を使ったインターネット調査で、有効回答数は500サンプル。

1 2

関連記事