PayPay、1000万ユーザー突破…決済回数は1億回超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクグループ(株)とソフトバンク(株)、ヤフー(株)が共同出資するPayPay(株)は8日、スマートフォン決済サービス「PayPay」の登録ユーザー数が1000万人を超え、加盟契約申し込み数は100万カ所を突破したと発表した。登録ユーザー数1000万人の到達日は7日。

「100億円あげちゃうキャンペ」効果強く、1年足らずで1000万ユーザー

 2018年10月5日にサービス開始以来、約10か月。2回にわたって実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」が起爆剤となり、短期間で登録者と加盟店が急増した。こうした直接的な効果とともに、PayPayは国や地方自治体、キャッシュレス決済事業者などの活動で、キャッシュレス決済の機運が相乗的な高まりをみせた結果としている。

 

 PayPayは、サービス開始前から全国に20カ所の営業拠点を設置。都市部だけでなく地方にまでキャシュレス決済の利便性を呼びかけ、加盟店の拡大に注力してきた。その結果、大型のフランチャイズチェーンはもとより、これまで支払い手段が現金のみだった小規模な商店にも急速に拡大してきた。

 

決済回数も増加傾向、平均して1ユーザー当たり10回決済

 登録ユーザーと加盟店の増加に比例し、決済回数も日々増加傾向にある。サービス開始からの累計決済回数は1億回を超えた。こうした決済回数の増加にPayPayは、日常的に利用する習慣が根付き始めたことを示していると分析している。

 

 PayPayは、事前にチャージした電子マネー(PayPay残高)、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき 加盟店やオンラインサービスでの支払いに利用できる。

 

 加盟店は、PayPayのウェブサイトで紹介。PayPayアプリ内の地図で、近くの加盟店を確認できる。

 

関連記事