アドフラウドが巧妙化、25年までに世界で5兆円に損失拡大も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Phybbitが7月31日に発表した「アドフラウド調査レポート2019年7月」によると、アドフラウドの手口は年々高度化・巧妙化されており、「Android」ではインストールなどを自動で行う「インストールハイジャック」、「iOS」ではクリックしてない広告を表示したかのように偽装する「クリックフローディング」が多いことが分かった。

 

 

 同レポートは、AI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」で解析した約4551億6066万件のデータを集計したもの。調査期間は19年1月1日~6月30日。

 

反社会的勢力の主要な収入源になるアドフラウド

 アドフラウド(広告詐欺)は、不正な手法で広告のインプレッションやクリック、コンバージョンを水増しし、広告報酬を詐取する不正行為。世界広告主連盟「WFA (World Federation of Advertisers)」の最近の報告によると、アドフラウドは2025年までにおよそ500億ドル(約5兆4188億円)に増えると予測されている。反社会的勢力の主要な収入源になっていることから、近年問題視されている。

 

EC,通販業界景況

反社会的勢力の収入源
(アドフラウド調査レポートより抜粋)

 

1 2

関連記事