2019.7.25

ロボ×IoT×自動運転で物流システムを実証実験…NTT東日本など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZMPと東日本電信電話(株)は24日、(株)NTTロジスコの物流現場で、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を活用した物流支援ソリューションの実証実験を開始した。

物流支援ソリューションの実用性・導入効果を検証

 実証実験では、自動運転向けクラウドサービス「ROBO-HI」を物流支援ロボット「CarriRo」と連携させ、Wi-Fi経由で「CarriRo」の運用状況の可視化を実施。さらに荷重計測のできるIoT重量計「スマートマット」を活用した物流倉庫内ネットワーク環境の提供により、物流支援ソリューションの実用性および導入効果を検証する。

 

CarriRoが廃ダンボールや空きかごを回収

 具体的には、NTTロジスコの物流センター内でWi-Fi対応した「CarriRo」と「スマートマット」を使用し、廃ダンボールや空きかごの回収などの業務に活用。「ROBO-HI」で「CarriRo」の運用状況を確認し、IoTサービスを含むネットワーク環境や運用面での課題、必要となるサポートの検討を行う。

1 2

関連記事