2019.7.11

日本郵便とメルカリが実証実験、売れた商品を「はこぽす」から発送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリと日本郵便(株)は10日、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品を郵便局や駅などに設置されたロッカー「はこぽす」から発送できるようにする実証実験を、首都圏4カ所で開始する。

 

 

 人手不足が深刻化する中、顧客対応に要するオペレーション負荷を軽減するため、無人で荷物を発送できる仕組みが求められている。そこで両社は、商品の受け取りに加えて、売れた商品を「はこぽす」から発送する新たな仕組みを整え、実証実験を行う運びとなった。

 

千葉の「はこぽす」では24時間対応

 実証実験の対象となる「はこぽす」の設置場所は、千葉県の八千代郵便局・JR東日本新松戸駅(24時間可)、埼玉県のJR東日本南与野駅(初電~終電まで)、東京都のローソンゲートシティ大崎アトリウム店(午前7時~22時)の4カ所。

1 2

関連記事