2019.6.26

消費者庁、ダイエット食品の表示監視指導を強化…7月に一斉取締

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
消費者庁

消費者庁は25日、食品衛生の監視指導の強化が求められる夏期に向けて、7月1日~31日まで、全国一斉に食品などの標記の取り締まりを実施すると発表。ダイエット健康食品で多くの健康被害が報告されていることから、啓発パンフレットを作成して消費者に呼びかけるほか、問題を引き起こした食品については関係法令に基づき厳正に対処する方針を示した。

 

 

消費者庁啓発パンフレットより抜粋

 

ダイエット食品の健康被害が最多

 主な監視指導対象は、アレルゲン・期限表示等の衛生・保健事項に関する表示/保健機能食品を含めた健康食品に関する表示/生食用食肉・遺伝子組換え食品などに関する表示/道の駅や産地直売所、業務用加工食品に関する表示/食品表示基準に基づく表示方法の普及・啓発、など。

 

 中でも、痩身効果を標ぼうするダイエット健康食品による健康被害が最も多く報告されていることから、一般消費者がダイエット健康食品を安易に使用することのないよう、啓発パンフレットなどを活用して注意喚起を促す。

1 2

関連記事