2019.6.25

アリババ「618商戦」、海外ブランドの売上は日本が1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アリババ618商戦

中国のアリババグループは19日発表した「淘宝網」(Taobao、タオバオ)と「天猫」(Tmall)で実施した「618商戦(618 Mid-year Shopping Festival)」の実績によると、20万以上のブランドと店舗が「618商戦」キャンペーンに参画するなど、史上最大規模となった。淘宝・天猫のマーケティング・ソリューションの活用などで110以上のブランドで取引高が1億元を突破したことがわかった。

 

 

地方小規模都市の取引高153%増

 同社によると、今年は新興地域に住む消費者の購買力の伸びが著しく、中でも地方小規模都市や、農村部などの購買者数と購買金額ともに増え、昨年同期比100%増となったという。取引高の増加率ランキングでは、新興地域の10都市が上位を占めている。また、「天猫国際」(Tmall Global)では、地方小規模都市の消費者による輸入商品の取引高が同153%増となった。

1 2

関連記事