2019.6.4

アリババ、「618商戦」開始…150万点の新製品投入し新興地域開拓へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループは1日、Eコマース事業の「淘宝網(タオバオ)」と「天猫(Tmall)」でECイベント「618商戦」を開始した。約150万の新製品の投入や各種プロモーション活動により、各ブランドや出店企業の中国新興地域への参入・事業拡大のサポートを行う方針を明らかにした。

 

 「618商戦」は1日から18日まで実施し、約20万以上のブランドと店舗が参加する予定だ。

 

 

「淘宝ライブ」で地方都市や農村部の顧客取り込み

 同グループでは今年度、中国全土の新興都市および農村部での顧客の取り込みを目的として掲げており、「淘宝網」と「天猫」を通じて急速に成長を見せている新興地域における各ブランドの浸透を推進する。

 

 「618商戦」期間中、「天猫」では約150万の新商品を投入するほか、キャンペーン価格で商品を提供。アリババグループの共同購入サービス「ジュファサン」では、出店企業おすすめの「絶対に買うべきアイテム」を集めた「618商戦・共同購入キャンペーン」を数十回開催する。

1 2

関連記事