2019.6.25

置き配で再配達防止へ…JP、宅配バッグ「オキッパ」10万個を無料配布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OKIPPA

日本郵便(株)とYper(株)は24日、Yperが開発・販売する宅配便受取用バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を抽選で10万世帯に無料配布する「置き配普及キャンペーン」を開始。参加者を専用サイトで募集している。

 

OKIPPA

 

アンケートへの回答、月2~3回通販利用が条件

 「OKIPPA」は、アプリと連動する置き配バッグで、折りたたむと手のひらサイズになる袋。玄関前に吊り下げるだけで、宅配物を玄関前で受け取れる仕組みとなっている。昨年12月、東京杉並区で実施した1000世帯を対象とした実証実験では、再配達を約61%削減した。今回、日本郵便の「置き配普及キャンペーン」として、「OKIPPA」10万個を無料配布することで、社会全体での再配達率の削減を目指す。

 

 同キャンペーンの主な応募条件は次の通り。

1 2

関連記事