2019.6.19

SHOPLIST、売上最大化へ…カギは「オープンコネクト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CROOZ SHOPLIST(株)は5月31日、都内で「SHOPLIST」出店者向けのカンファレンスを開催。出店社約200社以上が参集した。カンファレンスでは、「オープンコネクト」をキーワードに掲げ「SHOPLIST」本体と子会社が運営するEC支援サービスや物流サービスの戦略などについて出店者に共有した。





張本社長「流通額1000億円への基盤構築」

 カンファレンス冒頭、登壇した張本貴雄社長は19年3月期の業績を振り返った。赤字決算となったものの、「新倉庫のための投資などSHOPLISTの売り上げ最大化に向けた積極的な投資ができた」と評価した。

 

▽関連記事:クルーズは増収減益、純損失16億円…倉庫移転などの投資で


 「SHOPLIST」では流通額1000億円達成に向けた1つの指標として、年間ユニーク購入者数500万人、1ユーザー当たりの年間購入金額2万円という数字を掲げている。現在の「SHOPLIST」の年間ユニーク購入者数は186万人(目標到達率37%)、年間購入金額は1万3400円(同67%)となっている。また、1ユーザーあたりの年間平均購入数は2.67回であることを明らかにし、「一回あたり5000円のお買い物を年四回していただけるように仕掛けをしていきたい」(張本社長)と述べた。

 

 張本社長は、EC業界全体で抱えている課題として「人材確保」「ノウハウの維持と成長」「1社で実現できる投資キャパシティ」の3つがあると指摘。そんな中で、クルーズグループでは「システム」「ロジスティクス」「プロモーション」「カスタマーサポート」の全てを内省しており、ノウハウを蓄積していることが大きな強みだと主張した。

 

 クルーズグループでは、「SHOPLIST」がファンベースの構築、CROOZ EC Partners(株)がコアファン育成~ロジスティクスと、それぞれの分野をカバーしており、各ブランドの成長を力強くサポートできると説明。

 

 ショップリストで構築した顧客基盤(=ファンベース)から、自社サイトでのコアファン育成のための支援をCROOZ EC Partners(クルーズECパートナーズ)がアシスト。そして、ロジスティクス面では、物流パートナー会社と手を組んで、ラストワンマイルの部分を提供する。ファッションブランドがECで成長するための循環をクルーズグループが一挙に請け負うという。

1 2

関連記事