イオンカードで不正ログイン、個人情報流出・2200万円の実害も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)イオン銀行とイオンクレジットサービス(株)は13日、イオンマークのカード会員向けインターネットサービス「暮らしのマネーサイト」とスマートフォンアプリの「イオンウォレット」で、なりすましによる不正ログインが発生し、会員の情報が第三者に閲覧された可能性と、一部の会員情報が改ざんされたことを明らかにした。

 

 

不正利用は708人、登録電話番号も改ざん

 同社によると、19年5月28日~6月3日までの間に、1917人のカード会員のアカウントで不正ログインされた可能性があることを確認。さらに一部のカード会員で、不正ログイン後に登録電話番号が改ざんされ、スマートフォン決済アプリへの登録・認証と、カードの不正利用がされていることが確認された。

 

 カード不正利用された会員数は708人、不正利用金額は2204万円。なお、クレジットカード番号の下4ケタ以外は非表示としているほか、CVV番号(クレジットカードセキュリティコード)は表示・保存されていないため、閲覧の可能性はないとしている。

 

 閲覧された可能性のある個人情報は次の通り。

1 2

関連記事