2019.6.17

ヤーマン期末決算は増収増益、売上高18%増…海外部門が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤーマン(株)が13日発表した2019年4月期連結決算(18年5月1日~19年4月30日)は、売上高が前年比18.3%増の272億5200万円、営業利益が同5.9%増の57億500万円、純利益は同4.1%増の35億3900万円となった。

地上波通販・カタログ通販会社向けが好調

 テレビ通信販売業者による個人顧客への販売、カタログ通販会社向けの販売、インターネット専売業者向けの販売を行う通販部門の売上高は、同11.4%減の33億8300万円、セグメント利益は同7%減の14億700万円を計上。地上波通販会社向け、カタログ通販会社向けが好調を維持した一方で、ショッピング専門チャンネル向けが不調だった。

1 2

関連記事