2019.6.12

楽天、「イニエスタTV」などスポーツコンテンツを世界に配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rakuten Sports

楽天(株)は11日、スポーツコンテンツをグローバルで配信する動画配信サービス「Rakuten Sports」の提供を開始した。

 

Rakuten Sports

 

サッカーコンテンツを中心に配信

 「Rakuten Sports」は、「明治安田生命J1リーグ」2019シーズンの試合のライブ中継・オンデマンド配信や、楽天グループの「ヴィッセル神戸」に所属するアンドレス・イニエスタ選手のオリジナル映像コンテンツを集約した「イニエスタTV」など、サッカーコンテンツを中心とした動画配信サービス。

 

 2019シーズンまでのJリーグ海外放映権を有する「Lagardere Sports(ラガルデールスポーツ)」との配信パートナーシップ契約に基づいて、日本・韓国・中国・アメリカなど、世界約140の国と地域で視聴が可能となっている。このうち東南アジアでは、サッカー人気によりJリーグへの注目が集まる中、ベトナム/シンガポール/フィリピン/インドネシア/マレーシア/カンボジア/ミャンマー/ラオスなどの視聴者を主なターゲットとしている。

 

卓球・バスケットの動画配信も予定

 視聴可能デバイスは、スマートテレビ/パソコン/スマートフォン/タブレットなどインターネットに接続できる機器。対応言語は英語。今後、卓球・バスケットボールなどサッカー以外のスポーツの配信も開始するほか、スポーツファン同士がインタラクティブに試合観戦ができるコミュニティー機能を提供する予定。

 

 楽天の有馬誠副社長は、「楽天はこれまでもさまざまなパートナーと組み、積極的にスポーツと関わる事業を展開してきた。『Rakuten Sports』を通じて、世界のサッカーファンに向けてJリーグの魅力を発信することで、ファン層の拡大に貢献していきたい」とコメント。

 

 (公社)日本プロサッカーリーグ専務理事の木村正明氏は「近年、アンドレス・イニエスタ選手や、フェルナンド トーレス選手をはじめとする世界的な有名選手が数多くJリーグで活躍し、国内のみならず海外でもJリーグへの関心度の高まりを感じている。今回始まる『Rakuten Sports』の配信と連携し、世界でJリーグの価値をさらに高めていきたい」と抱負を語っている。

 

 

■Rakuten Sports

関連記事