2019.6.10

ライブコマース「メルカリチャンネル」終了、経営資源の集中で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリは7日、メルカリグループ内の経営資源を集中するため、フリマアプリ「メルカリ」内でライブ配信により商品を売買することができるライブコマースサービス「メルカリチャンネル」の提供を、7月8日で終了すると発表した。ライブコマースの先端事例として注目を集めた「メルカリチャンネル」だが、サービス開始からわずか2年後で終了することになった。

 

 

「メルカリチャネル」の利用企業拡大も

 メルカリチャンネルは、ライブ配信を通して視聴者と販売者がコミュニケーションを取り、商品のイメージをより詳しく知った上で購入することができる機能。17年7月にサービスを開始し、ライブコマースの先駆けとして注目されていた。18年6月にはRIZAPグループの7社が合同ライブセールを実施するなど、「メルカリチャネル」を利用してライブコマースを実施する企業も増えていた。

 

 ライブコマースの配信時には、ユーザーのコメントが溢れ、スタンプが画面を埋め尽くし、一瞬で完売する商品も出るなど、利用者のニーズも高かった。

 

 なお、メルカリチャンネル上でサービス終了時に行われている配信は順次終了となり、在庫として設定されている商品は削除される。サービス終了までにメルカリチャンネルで購入した商品の取引は、そのまま継続することができる。

 

経営資源の再配置のためサービスを終了

 同社はサービス終了の理由を、メルカリグループ全体で経営資源を集中するためとし、経営資源の再配置を行う事により、運営サービスのさらなる品質向上を目指すと発表している。同社は業績への影響について「大きくない」としており、「メルカリチャネル」自体の売上は小規模だった模様。

1 2

関連記事