19年O2O広告市場、405億円に…5年後は6倍に成長?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)サイバーエージェントと(株)デジタルインファクトが3日発表した「店舗集客型デジタル広告」の市場動向調査によると、19年の店舗集客型デジタル広告(O2O広告)市場は、前年比比約2倍の405億円に。24年には19年比約6.4倍の2586億円に達する見込み。

 

 

 同調査は、店舗集客型デジタル広告市場を対象に、インターネット広告業界関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、収集した公開情報をもとに算出したもので、調査時期は19年3月~5月。


 
 同調査では実店舗への集客や来店後の購買促進を目的に配信されるインターネット広告、SNS・オンラインメディアなどを介して配布されるデジタルクーポンなどを店舗集客型デジタル広告と定義。その年間出稿額を市場規模として推計し、今後の予測を行っている。

1 2

関連記事