ヤマト運輸、G20の交通規制で宅配遅延予想…一部サービス休止も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸(株)は5月31日、6月末に大阪市内で開催される「G20サミット」による交通規制に伴い、関西の該当地域に配達する荷物の荷受けや「お届け日指定」「時間帯お届けサービス」の中止、「PUDOステーション」の利用の中止などを行うと発表した。

 

サミット前後4日間、市内などで交通規制を実施

 「G20大阪サミット2019」は19年6月28日~29日までの2日間、大阪市住之江区の大阪国際見本市会場(インテックス大阪)で開催。その前後にあたる27日~30日までの4日間、高速道路や大阪市内で大規模・長時間の交通規制を予定している。

 

 これに伴ってヤマト運輸では、関西地方の一部地域および近隣地域での配達遅延を予想。配達予定日が27日~7月2日となる一部サービスについて、荷受けの中止やサービスの中止を行う。対象となる配達地域は、大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市・尼崎市・伊丹市・西宮市)。荷受け先は全国。

1 2

関連記事