2019.5.17

食品特化のEC展示会が誕生、「フードeコマース」9月に開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今秋、国内初となる「食品EC」に特化した商談展示会が誕生する。食品イーコマース普及協会(事務局:アテックス(株))は9月11日~13日の3日間で「フードeコマース」を開催する。会場は東京ビッグサイト・青海展示棟。同時開催される食品関連の展示会と合わせて3日間で4万8000人の来場を見込んでいる。

 

 

 

3日間で食品業界関係者4万8000人の来場見込む

 食品イーコマース普及協会は、国内の食品市場のEC化率が3%未満と低迷している状況を鑑み、食品ECに普及・促進を目的に設立された任意団体。同協会の取り組み第1弾として、展示会「フードeコマース」を新設した。開催には(一社)日本加工食品卸協会や(一社)日本3PL協会も協賛している。

 

 フードeコマースは、アテックスが主催する食品物流の展示会「フードディストリビューション」、食の安全・安心をテーマにした展示会「フードセーフティジャパン」、「フードシステムソリューション」など複数の展示会と同時開催する。同時開催展は毎年好評を博しており、毎回4万人超の食品業界関係者が集う一大イベントとなっている。業種としては食品メーカー、食品卸、食品スーパー、自治体、生協、農協、コンビニエンスストアなどといった層が来場する。

 

18年に開催された「フードディストリビューション展」の様子

 

出展申し込み受け付けは6月14日まで、事前来場登録も受付中

 「通販・ECに特化した他の展示会とは一味違った食品業界関係者の層にアプローチすることができる」(フードeコマース事務局)とメリットを語っており、食品業界向けにECソリューションを提供したいベンダーにはうってつけの展示会と言えそうだ。現在、出展募集を受け付け中で申込締め切りは6月14日。事前来場登録も受付を開始している。

 

【開催概要】

展示会名;フードeコマース(Fe) 2019
会期:2019年9月11日(水)~13日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:食品イーコマース普及協会
共催:アテックス(株)
来場者数見込み:4万8000人(予定・同時開催展含む)
入場料:税込み2000円(※招待券持参者、事前登録者は無料)

同時開催展:フードシステムソリューション、フードセーフティジャパン、フードファクトリー、フードディストリビューション、SOUZAI JAPAN、アグリ・ビジネス・ジャパン、エヌプラス、EV・PHV普及活用技術展、衛星測位・位置情報展

 

■フードeコマース

関連記事