2019.4.11

Tポイントから「ファミペイ」に、ファミマがデジタル戦略を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファミリーマートは10日、同社が運営するコンビニエンスストア「ファミリーマート」で利用可能なポイントプログラムとして、これまでの「Tポイント」に加えて、(株)NTTドコモが提供するポイントサービス「dポイント」、楽天ペイメント(株)が運営するポイントサービス「楽天ポイントカード」を、19年11月を目途に導入することを明らかにした。

 

 

 さらに今後、その他のポイントプログラムとの連携を検討するとともに、「ファミペイ」を軸としたデジタル戦略を推進する方針。

 

いずれも200円購入で1P付与、1P=1円として利用可能

 「dポイント」では、ファミリーマートでの買い物200円(税込)につき1ポイントを付与。貯まったポイントは1ポイント1円(税込)として、店舗やネットショッピングの支払い、NTTドコモの月々の携帯電話の利用料金などに利用できる。

1 2

関連記事