2019.4.5

Amazon茨木FCが本格稼働、最新物流ロボット導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は4日、大阪府茨木市にある新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働を開始した。同FCには、国内では2例目となる「Amazon Robotics(アマゾン・ロボティクス)」を導入している。

 

 

“商品棚ごと”持ち上げるロボットで従業員の負担を軽減

 アマゾン茨木FCには最新型の「Amazon Robotics」が導入された。「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げてFC内を移動する。これまでの「Amazon Robotics」より薄型のロボットながらも、より重量のある棚を持ち上げることが可能となっている。

1 2

関連記事