アスクル、BtoBで一般用医薬品販売…胃腸薬・湿布・目薬など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は2日、BtoBサービスの「ASKUL」「ソロエルアリーナ」で、一般用医薬品(要指導医薬品・第1類医薬品などを除く)の販売を開始した。胃腸薬や湿布、目薬など、仕事場で必要なOTC医薬品約2000アイテムを取り揃える。

 

 

アスクルユーザーの声を受けOTC医薬品を販売

 昨今、企業内で社員の健康管理への意識が高まっている。アスクルのBtoBサービスは、製造業・建設業などの現場や教育機関、介護施設、宿泊施設、飲食業など多岐にわたる仕事場で利用されており、OTC医薬品の要望が多く寄せられていた。

 

1 2

関連記事