2019.3.20

ラクマシニア登録数、3年で30倍に激増…6割が「安く購入」目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が19日発表した60代以上のシニアユーザーに対する意識調査によると、シニアユーザーの約6割が安く商品を購入するために「ラクマ」を利用していることがわかった。

 

 同調査は、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」のユーザー1万1588人(このうち60代以上のシニアユーザーは465人)を対象にしたアンケート調査で、調査期間は19年2月18日~25日。「ラクマ」では、シニアユーザーの新規登録数がこの3年間で約30倍(70代は約50倍)に急増しており、ユーザー増加の理由を解明する目的でこの調査を行っている。

 

ラクマを始めたきっかけ1位は「スマホを持ったから」

 まず、シニアユーザーに「ラクマ」を始めたきっかけを聞いたところ、1位「スマートフォンを持ち始めたから」(19%)、2位「テレビCMを見て興味がわいたから」(18%)、3位「ソーシャルメディアで見て興味がわいたから」(14%)という結果が得られた。個別意見の中には「ラクマを始めるためにスマートフォンを買った」という声もあった。

 

 

 「ラクマ」へのアクセス頻度については、「1日に2~4回程度」(39%)との回答が最も多かった。10代・20代のユーザーも「1日に2~4回程度」(38%)という回答が最も多く、シニアユーザーが10代・20代と同じくらいの頻度で「ラクマ」を利用していることがわかる。 

1 2

関連記事