2019.3.18

シーズHD2Q、純利益が81%減の約6億円…卸販売と通販が苦戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)シーズ・ホールディングスがこのほど発表した2019年7月期第2四半期(18年8月~19年1月)決算は、売上高が前年同期比6.4%減の223億3500万円、営業利益が同65.8%減の16億6800万円、純利益が同81.6%減の5億9800万円と、大幅な減益となった。

 

 

 第2四半期は、通信販売の販売が不調だったほか、前連結会計年度に好調だった卸売販売の売上高が大幅に減少している。

 

ドクターシーラボ事業の通販売上は9%減

 ドクターシーラボ事業は、売上高は同18.8%減の173億1300万円、営業利益は同60.4%減の18億4400万円を計上。通信販売では、出荷数が前年を上回る月もあったが、総じて受注数の減少が継続。累計では前年を下回る結果となった。中でも購入歴の浅い顧客層の離脱が目立ち、新規顧客の獲得、休眠顧客の掘り起こしも苦戦。売上高の減少傾向が続いている。これにより通信販売の売上高は、同9.1%減の107億8000万円となった。

1 2

関連記事