17年の国内アパレル通販市場、3%増の1兆4970億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が7日発表した17年の国内アパレル総小売市場規模は、前年と同率の9兆2168億円。その他(通販等)チャネルは同3%増の1兆4970億円と伸長した。

 

 

 同調査は、アパレルメーカー(総合アパレル/メンズアパレル/レディスアパレル/ベビー・子どもアパレルほか)、小売業(百貨店/量販店/専門店/その他)、業界団体などを対象に、同社専門研究員による直接取材、郵送アンケート調査、文献調査を併用して実施したもの。調査期間は18年7月~9月。

 

17年のアパレル総小売市場規模は横ばい成長

 これによると、17年の国内アパレル総小売市場規模は、前年同の9兆2168億円となり、2年連続のマイナスから横ばいへと推移した。品目別では、婦人服・洋品市場が前年比0.4%減の5兆7312億円、紳士服・洋品市場は同8%増の2兆5678億円、ベビー・子ども服・洋品市場は同2%増の9178億円となった。

1 2

関連記事