2019.3.7

天猫、19年中に化粧品1000ブランドのストア開設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループ傘下の天猫(Tmall)は4日、今年で5回目となる「Tmall Beauty Summit(Tモール・ビューティ・サミット)」を上海で開催。同サミットの席上、19年中に国内外の化粧品1000ブランドのストアを開設する目標を発表した。各カテゴリーの人気コスメ商品の発表では、資生堂の「アネッサ」、ユニ・チャームの「ソフィ」など、日本のブランドも紹介された。

 

 

 

天猫の美容製品売上高は60%増以上

 同社の発表によると18年中、天猫に出店するブランドの80%が新製品を発売。美容製品の売上高は昨年比60%超で、業界の平均成長率を上回った。また、小売市場調査会社Kantarと共同発表した報告書によると、18年における中国国内の小売市場全体のうち天猫で販売された割合の増加率は、パーソナルケア製品が昨年比21%増となり、化粧品全体の増加率21%を上回った。天猫でのパーソナルケア製品の浸透率は60%で、昨年比では45%増となっている。

1 2

関連記事