2019.2.28

AIで最新ファッショントレンド数値化、東大とメディアが共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学生産技術研究所の本間裕大准教授とオンラインメディア「ファッションプレス」を運営する(株)カリーリンの研究グループはこのほど、AIを活用したファッショントレンドの分析システムを構築した。

 

 

 これにより、有名ブランドのコーディネート例を、好みの色やアイテムなどで横断的に検索することが可能となった。同システムを活用した新しい切り口のウェブコンテンツを、22日から「ファッションプレス」上で公開している。

 

カタログ画像データなど類似傾向ごとに自動分類

 「ファッションプレス」では、コレクション・ルック(=ファッションブランドがシーズンごとに用意しているカタログ画像)など、膨大なファッションデータを保有している。しかし、画像データは数理解析には適さないことから、同システムではデータを利用しやすくした上で、各コレクション・ルックを一元管理するためのデータフォーマットを整理。多数のデータの中から、類似した傾向を持ついくつかのグループに画像を自動分類するシステムとして実装した。

1 2

関連記事