2019.2.21

楽天と宮崎県都城市、ECでの販路拡大・キャッシュレス決済で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は20日、宮崎県都城市と、インターネットやキャッシュレス決済を活用した包括連携協定を締結した。

 

左から、宮崎県都城市 池田 宜永市長、(有)九南サービス 田中 耕太郎専務、

(有)九南サービス 田中茂穂社長、楽天(株)コマースカンパニーCOO&ディレクター 野原彰人氏

 

楽天グループのサービスを活用して地元企業の販路拡大を支援

 楽天は、同協定に基づき、同社グループの提供する各種サービスを活用して、都城市の魅力を伝える「都城市ファンクラブ」を設立。Eコマースを活用した市内事業者の販路拡大、ふるさと納税の振興など、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」を創出する様々な取り組みを実施する。

1 2

関連記事