2019.2.18

ヤフーがビッグデータを開放、10月にデータフォレスト開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)は13日、ヤフーのサービスで蓄積したビッグデータを、企業や自治体が持つデータと掛け合わせて分析し、その結果から得た発見をさまざまな事業領域に活用するデータソリューションサービス「DATA FOREST」を10月から開始すると発表した。大手企業や自治体を中心として、2019年度内に100社以上の導入を目指す。

 

 

(左)ヤフー執行役員メディアカンパニープラットフォーム統括部長の佐々木潔氏

(右)ヤフー代表取締役社長CEOの川邊健太郎氏

 

「DATA FOREST」の3サービスを提供

 「DATA FOREST」は、生活者の興味・関心を可視化するツール「DATA FOREST INSIGHT People」、エリアごとの特性や人の流れを可視化するツール「DATA FOREST INSIGHT Place」、レコメンドエンジンAPI「DATA FOREST ENGINE Recommend」の3つのサービスがある。また、これらのサービスを事業に活用して効果を上げるコンサルティングも行う。

 

 

 5月には、これらのデータソリューションサービスを体験できる拠点「データフォレストラボ」をヤフー本社がある紀尾井町オフィスにオープンする。8月にはベータ版の提供を開始し、10月にサービスをスタートする。

1 2

関連記事