ヤマトフィナンシャル、クラウド型広告運用「シロフネ」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Shirofuneは15日、ヤマトホールディングス傘下のヤマトフィナンシャル(株)(YFC)との間で、同社が開発・運営するエージェント型クラウド広告運用ツール「Shirofune」に関する販売代理店契約を締結した。この提携によりYFCは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」を通販支援サービスの1つとして、顧客に提案できるようになった。

 

 

新規広告の出稿・管理・分析を一元化

 「Shirofune」は、新規の広告出稿・編集管理/広告の自動管理・最適化/レポート・分析機能/改善施策の提示・実行機能/複数広告媒体の一元化を自動で行うクラウドツール。国内最大手の広告代理店で広告運用の経験を積んだ専門家が開発した独自アルゴリズムにより、利用者はツールから提示されるナビゲーションに従って情報の選択や入力を行うだけで、適切な広告運用が可能となる。

1 2

関連記事