2019.2.12

楽天18年決算、売上高は過去最高の1兆円に到達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)の2018年12月期連結決算は、売上高が前期比16.6%の1兆1014億8000万円、営業利益が同14.1%の1704億2500万円となり過去最高を更新した。純利益は同28.4%増の1418億8900万円となった。グローバル流通総額は18.2%増の15兆4000億円に達した。

 

決算説明会に登壇した三木谷浩会長兼社長

国内EC流通総額は3.4兆円に

 楽天市場や楽天トラベル、ラクマなどの国内ECを中心とするインターネットサービスセグメントは、セグメント売上収益が同15.9%増の7883億9000万円、セグメント利益が957億2500万円となった。そのうち国内ECの売上高は同9.2%増の4268億円、営業利益は17.7%減の613億円だった。国内ECは、楽天市場や楽天トラベルなどのマーケットプレイスビジネスは好調だったが、投資段階のビジネス(ラクマ・楽天ブランドアベニュー・楽天ビック・楽天西友ネットスーパー)の減益や物流関連費などで減益となった。

1 2

関連記事