ブランジスタ1Q、黒字に転換…売上高は5.8%増の8億700万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ブランジスタがこのほど発表した2019年9月期第1四半期(18年10月~12月)決算は、売上高が前年同期比5.8%増の8億700万円、営業利益が1億100万円(前年同期は1億600万円の損失)、純利益が6300万円(同1億3200万円の損失)と黒字に転換した。

 

 

自治体とのタイアップ3誌を創刊、観光メディアの子会社化で収益性強化

 電子雑誌業務では、グローバルゴルフメディアグループ(株)のゴルフ雑誌『DoubleEagle(ダブルイーグル)』を、電子雑誌にリニューアルして発行する業務を受託。地方自治体とのタイアップ誌3誌を新たに発行した。また、国内・海外の旅行・観光情報のWEBメディアを運営する(株)Dugong(ジュゴン、現(株)CrowdLab)を子会社化。同社の創刊12年目を迎える主力雑誌『旅色』の広告収益の最大化と媒体力強化を図った。

1 2

関連記事