PayPayが100億円還元キャンペ再開!12日からスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PayPay(株)は4日、12日から再び100億円還元キャンペーンを開催すると発表した。前回同様、1回の決済につき20%程度を還元する。今回は日常的PayPay利用を促すため、一回の還元上限を1000円とする。

 

キャンペーンの説明をする中山一郎社長

 

1回の還元上限は1000円、「日常使い」定着が狙い

 今回のキャンペーンは「日常的に毎日活用してもらう」をテーマにした。キャンペーン期間は2月12日から5月31日まで。ただし、還元額100億円を消化した場合はその時点で終了となる。

 

 支払額の最大20%をPayPayボーナスとして付与する。今回は、支払い方法により還元率が異なる。PayPay残高またはYahoo!マネーで支払った場合は20%を還元。Yahoo!カードでの支払いの場合は19%還元、それ以外のクレジットカード支払いの場合は10%還元する。今回は一回ごとの還元上限を1000円とする。

 

今回は1000円上限で10回に1回全額還元

 今回は、上限1000円を付与する「やたら当たるくじ」を実施する。抽選で10回に1回の確率で当選する。Yahoo!プレミアム会員は当選率が5回に1回に上がる。「やたら当たるくじ」はキャンペーン期間中に合計5万円相当を上限にボーナスが付与される。

 

 同日、都内で会見も開催した。会見に立った中山一郎社長は「前回の100億円還元キャンペーンは多くの成果と課題を残した」と振り返った。

 

 成果については、「短期間で認知や理解が進み多くの人が利用した。キャンペーンにより名称認知とサービス理解でナンバーワンになった。サービス開始4ヶ月で累計登録者数は400万人を突破した。キャンペーン前後で加盟店数は約10倍に増加した」と説明。キャンペーンの還元については「2億円の付与が保留となっているが、115億円の付与が完了している」とした。

 

 課題については、「システム障害が4回発生しユーザーには多大な迷惑をかけてしまった。クレジットカードの不正利用も発生してしまった。これらの課題については様々な取り組みによってクリアになった」と説明した。

 

 中山社長は「前回のキャンペーンはキャッシュレス決済をまず使ってもらいたいという思いがあった。今回のキャンペーンでは、次の段階に進み一人でも多くのユーザーさんに長い期間、何度も使ってもらいキャッシュレス決済の定着を促進したいと考えている」と意気込んだ。

 

「ヤフオク!」などオンライン決済対応延期についても言及

 また、中山社長はPayPayのオンライン決済対応についても会見上で言及した。同社では1月31日に公式サイト上で「オンライン決済対応延期」を発表しており、2月に導入予定であった「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」でのPayPayオンライン決済対応の導入時期を延期するとしていた。この件について「中長期的に見て対応を進めていく」とした。

関連記事