2019.1.31

「イーコマースフェア2019東京」、2月7日に開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UBMジャパン(株)が主催する日本最大のECソリューションの展示会「第12回イーコマースフェア2019東京」が、2月7日・8日の2日間、東京ビッグサイト西3・4ホールで開催される。製品・サービスを展示するほか、50を超えるセミナープログラムが行われる。

 

海外需要・BtoB・物流・セキュリティなどテーマエリアを新設

 今回は、前回好評だった各テーマエリアを継承。さらに注目分野のテーマエリアを新設した。最新テクノロジーの人工知能を実用化した分析システムの展開なども行う。

 

主なテーマは、

・インバウンド・越境ECエリア(海外発送/外貨決済/越境EC支援サービス)

・BtoBソリューションエリア(BtoB・EC向けサイト構築/受発注システム)

・スマート・ロジスティクスエリア(物流代行/ピッキング関連/包装・梱包関連)

・情報セキュリティエリア(ID管理・認証連携/なりすまし・不正アクセス検知関連)

・イノベーション&スタートアップエリア(スタートアップ企業の先進的な製品・技術・サービス)―など。

 

 イーコマースや通販ビジネスの売上拡大、課題解決に繋がる最新の製品・サービスが数多く出展される。

1 2

関連記事