シニアのスマホ利用率は61%、6年間で約5倍に成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MMDLabo(株)のMMD研究所が24日発表したシニア調査によると、2018年の(シニア世代の)スマートフォン利用率は61.5%で、この6年間で48.8ポイント上がったことが分かった。

 

シニアのスマホ利用率は年々拡大

 同調査は、携帯電話を所有している60歳~79歳の男女5246人を対象としたインターネット調査によるもの。スマートフォンとフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の利用割合を12年から毎年集計している。

1 2

関連記事