2018.12.17

アスクル中期決算は増収減益、純利益は90%減の3億1500万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が14日発表した2019年5月期第2四半期(5~11月)連結決算は、売上高が前年同期比11.5%増の1914億37万円、営業利益が同55.4%減の10億2900万円、純利益は同90.7%減の3億1500万円となった。

 

LOHACOは火災から復活、売上高43.9%増

 BtoB事業、BtoC事業ともに好調で増収となったが、物流会社の配送運賃の値上げの影響や、前年同期に火災損失引当金戻入額68億4600万円を計上したことなどで、大幅な減益となった。

1 2

関連記事