2018.12.14

KDDI・西武鉄道などのロッカー受取実証実験、生鮮宅配が参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベジオベジコは13日、KDDI(株)、(株)アルファロッカーシステム、西武鉄道(株)が18年12月20日から開始する、野菜・日用品などの商品を駅構内のロッカーで受け取ることができるスマートロッカー「ラクトル」の実証実験に参加する方針を明らかにした。同社の九州産オーガニック野菜を中心とした生鮮食品のデリバリーサービス「VEGERY」の受取先に「ラクトル」が追加される。

生鮮デリバリーの「VEGERY」がラクトルで受け取り可能に

 

 

西武池袋線の富士見台駅・東久留米駅で実験

 「ラクトル」は、駅設置のロッカーで野菜・日用品などの商品を受け取ることができるサービス。今回の実証実験では、西武鉄道池袋線富士見台駅(南口広場付近)のロッカーでの受け取り実験をベジオベジコが担当する。利用者は、スマートフォンでロッカーの予約と商品の注文を事前に行うことで利用が可能に。今回の実験では、富士見台駅のほか、東久留米駅(東口階段下)や都内の一部保育園でも受け取りができる。

1 2

関連記事