楽天、ビデオストリーミングの米Vikiを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 楽天は9月2日、ビデオストリーミングサービスを世界で展開する米国Viki社(本社:カリフォルニア州サンフランシスコ)を買収し、完全子会社化すると発表した。 今回の買収により楽天は、デジタルコンテンツ分野を強化し、eコマースと金融サービスとともに、デジタルコンテンツ事業を3つ目の主軸としてグローバルに展開していく。

 

 Viki社の主な収益源は、広告料収入(ビデオ再生中に挿入される動画広告 )であり、今後加速度的に増加すると見込んでいる。またNetflixなどほかの動画サイトにも一部のコンテンツを供給しており、これ以外にも新しい収益モデルの構築を進めていく。なお、買収額・条件については公表していない。

 

 楽天は2012年に、世界で電子書籍事業を展開するカナダのKobo社を買収。また同年、スペインの 動画配信サービス事業者であるWuaki.tv社を買収している。今回買収するViki社は、インターナショナル・コンテンツを多数提供しており、Wuaki.tv社のコンテンツラインアップを補完するとともに、楽天のデジタルコンテンツサービスを強化する役割を担うこととなる。

関連記事