台湾越境ECの攻略法は「後払い」「まとめ売り」「買1送1」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)トライリンクアジアと(株)アイモバイル、w2ソリューション(株)の3社は11月28日、都内で台湾越境ECセミナーを開催した。台湾越境ECの攻略法は「後払い」「まとめ売り」「買1送1」といったキーワードが重要になることなどをレクチャーした。

 

 

台湾の買い物文化は日本と違う!「日本のパッケージそのまま」が売れる?

 セミナーの前半では、台湾現地の後払い決済「後付款(アフターペイ)」を展開するトライリンクアジアの久米大輔取締役が登壇。台湾現地で売れ筋の日本商品や、現地でトレンドの価格のつけ方などを解説した。

 

※トライリンクアジアの久米大輔取締役

 

 久米氏によると、台湾現地で売れている日本の商品としては、「お菓子や珍味、だしや醤油も人気が高い。また、特徴的なのは現地用パッケージではなく、成分表示だけ現地語シール対応などした日本のパッケージそのままの方が人気が高い」と説明した。

 

現地トレンドの「買1送1」「85折」「第2件6折」「任選4件82折」とは?

 現地の価格のつけ方や、売り方のトレンドも説明した。台湾では、「買1送1」「85折」「第2件6折」「任選4件82折」といった売り方に人気があるという。

1 2

関連記事