ネットスーパーの利用頻度が5年で倍増、スマホからの注文は4倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ジャストシステムが28日発表した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(18年10月度)」によると、週3日以上ネットスーパーを利用する人が過去5年で2倍以上増加。さらにスマートフォンからの注文が4倍になっていることが分かった。

 

 同調査は、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が実施したインターネット調査(調査機関:Fastask)によるもので、対象は15歳~69歳の男女1100人。調査期間は18年10月26日~11月1日。

 

 

 

 

「週3日以上利用」が2.2倍に拡大

 ネットスーパーの利用についての質問では、全体の15.3%が「利用している」と回答。13年4月度調査との比較では3.5ポイント減少している。一方、利用頻度については、「週3日以上、利用している」人が21.6%と、13年4月度調査時から12ポイント増加。「週に1、2日程度、利用している」人は、7.9ポイント増の25.5%となっている。

1 2

関連記事