2018.11.27

高単価商品はメルカリよりラクマで取引の傾向?…ラクマヒット番付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が26日、「楽天市場ヒット番付2018」の番外編「ラクマ ヒット番付2018」を発表した。同番付では、東の横綱が「リバイバル消費」、西の横綱が「歌姫引退特需」となった。また、CtoCのフリマアプリ「ラクマ」は、販売手数料が3.5%と他のフリマアプリよりも低いこともあり、高単価アイテムの取引が拡大していることがわかった。

 

 

高単価の商品は「ラクマ」で取引の傾向

 東の横綱が「リバイバル消費」では、90年代にヒットした「ハイテクスニーカー」、『G-SHOCK』のブームが再燃。G-SHOCKは取引数が1年で9倍に急伸し、単価も約4倍となった。

 

ラクマ広報担当の永里元気氏

 

 ラクマは6月にそれまで無料だった手数料を有料化し、3.5%の手数料とした。楽天の永里元気氏は「手数料の有料化の影響はほとんどなかった。他社と比較しても手数料が低いこともあり、高単価の取引が拡大した。特にハイテクスニーカーやG-SHOCKは、5~6万円での取引が多かった」と語り、高単価の商品の取引でラクマが販売者から支持を受けている傾向が明らかになった。

 

1 2

関連記事