2018.11.8

楽天3Q増収増益、売上・利益は過去最高…携帯事業は順調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が8日発表した2018年12月期第3四半期連結決算(1~9月)は、売上高に該当する売上収益が前年同期比16.8%増の7903億3000万円、営業利益が同11.1%増の1335億4400万円、四半期利益が同48.6%増の1079億2300万円となり、売上高と営業利益が過去最高を記録した。

 

先行投資などで第3四半期の営業利益は減少

 営業利益については、楽天損保が地震など災害の影響を受け51億円のマイナスを計上したほか、携帯電話事業への投資、物流関連の初期投資などに90億円をかけた影響で、第3四半期期間(7~9月)の営業利益(Non―GAAPベース)は前年同期比9.9%減となった。

1 2

関連記事