2018.11.6

丸井、QRコード決済「EPOS Pay」開始…中野エリア限定で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸井グループのクレジットカード事業会社(株)エポスカードは2日、東京都中野エリアでQRコードを活用した決済サービス「EPOS Pay」を開始した。「EPOS Pay」は、エポスカード会員向け「エポスカード公式アプリ」から利用できる。

 

 

エポスカードが浸透する中野エリアで先行導入

 「EPOS Pay」を使って購入した商品の代金は、あらかじめアプリに登録したエポスカードでの支払いとなるため、銀行口座などへの新たな登録手続きをすることなく利用できる。カード利用時と同様に、買物金額に応じてポイントが貯まり、「EPOS Pay」での決済時に、1ポイントから利用できる。

 

 

 エポスカードの既存会員の8割以上は、丸井グループのマルイ・モディ店舗で入会しており、会員の生活圏の中にマルイ・モディ店舗が存在する形となっている。そういった地域性を活かして同社では、マルイ・モディ各店舗だけでなく、これまでキャッシュレス決済を導入していなかった店舗にも「EPOS Pay」の導入を促し、カード会員の利便性向上を試みている。

 

 一方、加盟店では、店舗に掲示したQRコードをスマートフォンで読み込むことで「EPOS Pay」が利用できるため、コストを抑えて簡単に導入できるといったメリットがある。

 

中野エリアでの利用状況を踏まえ「EPOS Pay」を他の地域に拡大へ

 丸井グループでは、今回スタートする中野エリアでの利用状況を踏まえて、他のエリアへの拡大を検討する考えを示している。また、「EPOS Pay」の利用を通じて収集されるデータを活用したマーケティングを実施することで、QRコード決済の全国展開を目指す競合他社との差別化を図りたいとしている。

 

 「EPOS Pay」の利用可能店は次の通り。

 

EPOS Pay

 

関連記事