2018.10.28

千趣会3Qは46億円の純損失、2期連続で100億規模の赤字か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会が26日発表した2018年12月期第3四半期(1~9月)連結決算は、売上高が前年同期比10.3%減の810億2500万円、44億7600万円の営業損失(前年同期は27億7700万円の営業損失)、46億2300万円の純損失(同77億8600万円の純損失)となった。

 

EC施策が不発で通販事業が不振に

 ブライダル事業、法人事業、その他の事業は増収だったが、主力事業の通信販売事業が不振で大幅な赤字決算となった。

1 2

関連記事