2018.10.4

送料値上げ額を協調し独禁法違反…百貨店5社に課徴金2億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急阪神、髙島屋、近鉄、京阪、そごう・西部に排除命令

 公正取引委員会は3日、近畿で百貨店を運営する6社の違反行為を認定、うち5社に排除措置命令と課徴金納付命令を行った。違反行為が認められた6社は各社間で情報交換し、ギフト配送に関する送料値上げ額を揃えることに合意していた。この行為が、公共に利益に反してギフト配送分野の競争を実質的に制限していると判断された。課徴金の総額は1億9397万円。

 

 

大丸松坂屋は自発申告により課徴金・排除命令からは除外

 違反認定を受けたのは、(株)阪急阪神百貨店、(株)髙島屋(※)、(株)近鉄百貨店、(株)京阪百貨店、(株)そごう・西武、(株)大丸松坂屋百貨店――の6社。なお、大丸松坂屋は、課徴金減免制度の適用申請・違反行為の自発的申告などを行っており、排除措置命令と課徴金納付命令の対象からは外れている。

1 2

関連記事