2018.9.13

「ゆうパック」荷物個数が38.5%増…17年宅配便取扱実績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省が7日発表した「平成29年度(2017年度)宅配便取扱実績」によると、トラックによる宅配便取扱個数は、日本郵便(株)の「ゆうパック」が前年度比38.5%増、佐川急便(株)の「飛脚宅配便」が同3.6%増と増加した一方で、ヤマト運輸(株)の「宅急便」が同1.7%減、福山通運(株)ほかの「フクツー宅配便」が16%減となり、「ゆうパック」だけが宅配便取扱個数を大きく伸ばしていることがわかった。

 

 

宅配便取扱個数は5.8%増の2億3272万個

 同調査は、同省に宅配便運賃などの届出を行っている事業者を対象に、貨物の取扱数を任意の報告として求めたもの。なお、17年度に決算期を変更した佐川急便、16年10月から「ゆうパケット」を宅配便取扱個数として集計に追加した日本郵便については、カウント時に増減が生じている。

1 2

関連記事