2018.8.30

福岡市、実証実験支援で再配達問題解決プロジェクト2件を採択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)は27日、AIやIoTなどの先端技術を活用したプロジェクトを募る「福岡市実証実験フルサポート事業」で、18年度第1期(5月~7月受付分)に採択されたプロジェクト5件を発表した。選ばれた5件のうち2件が、再配達の問題解決(宅配ボックス)を目的としたプロジェクトだった。

 

 

通販メッカの福岡市が再配達防止プロジェクトを支援

 「福岡市実証実験フルサポート事業」は、今後の飛躍的な成長が期待されるスタートアップなどを支援することにより、市内企業の活性化や福岡発の新サービス・製品の創出を目指すもの。募集対象は全国の事業者で、AIやIoTなどの先端技術を活用し、社会的課題の解決や市民生活の質の向上などに繋がる実証実験プロジェクトの実施を要件としている。

1 2

関連記事